プロフィール

2430a

Author:2430a
/ 藤澤 泳

* 創作短文(400~800)
* 創作小説っぽいの(100000~予定)
* VOCALOIDオリジナル楽曲作詞

言葉で何かを作るのが好き。
とにかく楽しくやってます。

*なにかあれば
〒fjswim2430♪gmail.com
音符→あっと

最新記事

カテゴリ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木星と夜の回転運動

Category : *400
* 下書きなし一発書き
* 原稿用紙一枚分
* 題材「カム」(cam)…回転運動により、原動力を希望する運動に変える機械部品。
* 原文そのまま


‐‐‐

 木星が、恒星たちから夜を奪う。
 都会の真ん中から、地図の上数センチずれた場所。とても絶好とは云えない状況で、偶然の様に始まった、君と僕の天体観測。僅かに散らかる宇宙の断片を拾う旅は、思いの外君の指先を冷やした様だった。
 冬の溜息に震える瞬きは、無邪気に鈍感な君にとって、すべて同じ「星」に見えたらしい。プトレマイオスに意地を張り星座を作ると云った指は、「ナナホシテントウ座」の縫製を木星から始めた。どうにかして形作ろうと目を細めた横顔を、僕はただ見ていた。一番光るそれは他の恒星とは違う惑星だと、告げることもなく。あれは恒星になりきれなかった木星だと、打ち明けることもなく。
 重力に振り回されながら、それでも木星は、この一番寒い季節に、恒星たちから夜を奪う。
 君の指先は震えていた。春に奪われてしまうその前に、僕は回る心のまま、夜を連れされるだろうかと、少しだけ考えた。

‐‐‐


定期的に書かないと文章が下手っぴぃになる証明のような。
自分の中では完結してるんだろうに、まとめが全然出来ていなくて、全体的に一文ずつ迷子になってる感じ。
次の一文に上手いことバトン渡せてなくて、受け取る前にもう走りだしちゃってるような。
一応、夜を君、木星を僕に見立てて、恒星は友達、惑星は恋人って感じで繋げてそれっぽく描きたかったはず。が。
好きな言葉を、前後との相性無視して使いすぎたのか、ちょっとくどい。難しいです。

お題を「カム」にしたのは、何にしようかなーって考えながらカムカムグレープ食べてたので。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

リンク

作詞楽曲


collabo
by 2430a

マイリスト

ブクログ

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。